みんなの投資競馬ブログ

投資競馬のノウハウについて語るブログ

投資競馬はライフスタイルの1つに過ぎない

競馬はギャンブルですが、推理モノのようにストーリー展開で考えることができるし、統計のようなデータで予測しようとすることもできる。

私が興味を持つのは結果に結びつく馬券の購入プロセス。色々と仮説を立てて合理的な結果を得られるかを楽しんでいる。これの最終的な目標は、プロセスの自動化となる。

競馬予想は色々な切り口があってしかるべきなのに、いま予想と呼ばれているものは馬柱から結果を読み解くという手法だけしか指していない。

まず、この手法があり、その下に血統予想家などファクターに沿ったプロがいるのだが、これはベストな選択とは言えないと考えている。

つまり、今の予想と呼ばれているものは馬柱活用法と言った方が適切だろう。あくまで馬柱の影響力下にいること前提に予想すれば、そこから発生する利益を奪い合うだけなので回収率は控除率ぶんだけ近くなるのは避けられない。

さらに、いまのドングリの背比べのような差のない競馬において、数字の価値を明らかにしていくことは容易でなくなっている。以前のようにペースを作る競馬ではタイムが能力序列とリンクすることが多かったが今はそうもいかない。

最も格の高いG1レースでも牽制しあうことでスローペースの競馬が量産されているからだ。1着になる馬を競っていることは分かるが、競走馬の強さがどこにあるのかが明確になっていない。

ゆっくりとしたラクなペースで勝った馬は強いのか、それとも弱いのか。その可能性はどちらでもある。そう、スローペースは事実がハッキリと見えてこないのだ。

そのため曖昧な判断を強いられることになってきたのが最近の競馬予想事情と言える。そんな状況だからこそ、とかく流し馬券で手広く買う人がどんどん増えてきている。

そのような事態を引き起こさないようにするのがデータ分析の役目である。現在と過去あらゆるファクターを分析して、馬柱の数字がどのような価値が含まれているのか検証していく。

 

とにかく正攻法で1つ1つ丁寧に分析することで価値や事実関係を明らかにしていく。スローペース時代の競馬予想はコストが高くつきやすく能力を発揮する前に負けていく人が多い。

能力を発揮するための環境を作りだすことを意識してシステム構築をしている。これからは分担作業を明確にして効率化していく投資競馬の時代になると思っている。