みんなの投資競馬ブログ

投資競馬のノウハウについて語るブログ

2017年の天皇賞秋はキタサンブラックで決まりなのか?宝塚記念で人気を裏切る形になった大本命馬が天皇賞秋ぶっつけというローテーションを選んだ。これは有馬記念まで走るぞという意思表示だろう。そして、年内引退が決まっていることからも最後は華々しく引退したい意向があるはず。

その点を考慮すると天皇賞秋への勝負度合いは低めと見積もることができる。実績では抜けたキタサンブラックも人間の事情が絡めばつけいるスキがでてくる。もちろん宝塚記念の凡走からメンタルがどうかという点も心配もあり過剰な人気にはならなそうだ。

天皇賞秋のレースラップ比較図を見ると近年は一定のペースであることが分かる。フラットなペースから直線での末脚勝負となるためスタミナも好走のために重要なカギとなる。過去の好走馬を見ても長めの距離に実績のある馬が多かった。こういうタイプで中団より前で競馬できると信頼度は上がる。

データ分析:http://www.keibasite.com/tennoshoaki/

 

天皇賞で穴をあけるタイプは2200以上の距離実績に乏しいが差し脚が鋭いタイプ。ディープインパクト産駒なら買いやすい。距離不安があっても末脚の爆発力でカバーできそうな馬を狙ってみるといいだろう。そういった馬を探すことでカンタンに穴馬が見つかることがある。