みんなの投資競馬ブログ

投資競馬のノウハウについて語るブログ

見逃してた穴馬を掘り当てるゴールドマイニング法

いま競馬のデータマイニングと言えばJRA-VAN NEXTにある対戦型DMぐらいしかありません。的中率は20~30%程度で回収率はプラスにはならない代物。

そこで独自開発しようと競馬におけるデータマイニング法を研究し9年と3000万円をかけて出来たのがゴールドマイニングになります。

 

本命や穴を問わず発掘できますが当然ながら人気馬の方が多くなります。それでも複勝1000円級の穴馬は1か月に1頭は飛び出しているので3連単50万円以下なら狙いすますこともできるんじゃないかと考えています。

 

ただ、今のところ経験的にこれはないなと思った馬から飛び出しているので、それらのデータを集めてさらに分析にかける必要がある。今の穴馬は競馬ファンの常識を超えたところにあるのが実感できますし、これを捕捉できるゴールドマイニングの確かさも我ながら驚いています。

 

ただ、扱う人間つまり私の経験不足でまだ使いこなせていません。このあたりは、これからの経験とともに解消していくことでしょう。これはナイだろと決めつけ取りこぼさないように色々な視点から検証していく必要性を感じています。

 

他にも競走馬の適性診断法などを組み合わせることで従来とは違った視点からオッズゾーンを築くことができるようになりました。手が届きにくい所にいかにして手を差し伸べることで今までにない価値の情報を生み出すことができます。

 

多くの人が時間をかけれない部分を丹念に精査してカバーしていく。相当な時間をかけてマイニングを行うからこそ簡単にはマネできないエッジの効いた投資競馬を実現できる。

 

いまのところゴールドマイニングから分かった高ランクレースの金脈馬は数値化されてはいません。競馬の世界を数字で表すのが妥当とは思えないんですよね。だけど重みづけは必要かなと思っているので分かりやすく表示できるように改良を重ねていくつもりです。