みんなの投資競馬ブログ

投資競馬のノウハウについて語るブログ

投資競馬の1レースにおける馬券購入コスト

秋華賞はツイッターでお知らせした金脈馬ミッキーチャームと断然人気馬アーモンドアイを中心とした馬券で的中。 軸馬と穴馬の最小構成なら500円というローコストで馬券を買うことができます。 低額馬券はバカにされやすいが、1レースに過大な金額を賭ける方…

データマイニング競馬で回収率を向上させる手法

JRA-VANにあるデータマイニングでは、控除率を引いた回収率75~85%に収束しています。 およそ十分なメリットがデータマイニングにはない感じがしますが、これは最適化されていないことも影響しています。 JRA-VANにあるデータはすでに一般化しており回収率…

気候の変化は穴党にとって大チャンスになる

最近ほんと日本の気候が変わったなと感じています。とくに週末にちょこっと降る雨はデータ分析を難しくさせるからやっかい。 ただでさえ中央競馬はスモールデータがほとんどなのに雨馬場だとさらにデータ数が少なくなってしまう。 そういった変動や競馬その…

人工知能AIの活用で競馬予想が変わる

人工知能(AI)を使ったデータ分析の手法を構築してきましたが一定の成果が得られています。 過去のレースごとに指数ではなく階級で表現したことでイメージの形成も容易。1勝クラスの馬が2勝クラスでやれるかすぐに分かります。 今までの技術がムダになら…

仮想通貨で借金を抱える人が増加する理由

メディアに乗せられ後手後手で投資した人ほど高い価格で参入しておりハイリスクを抱えています。そういった人ほど投資プランが思いつきで利益中心のため散った時には悲惨な結末になる可能性が高い。 これから社会に普及するにつれ分裂した仮想通貨の生き残り…

データが同じなら買い目の最適化が利益の差となる

延々とデータと向き合っていると現実と乖離したイメージができあがることがよくあります。現実感を持って対処していかないとデータが作り出すイメージにとらわれてしまうからやっかい。 なので意識的に時間を置いて何度かプロセスをやり直すようにしています…

皐月賞2018軸馬・穴馬エージェント談話

競走馬エージェントで多くの重賞馬を見出してきたオダ氏によると、これはという進化を遂げた馬が1頭いるらしい。エージェントの嗅覚は鋭い。フェブラリーSでもノンコノユメやインカンテーションの復調を指摘し馬券に大きな貢献をしてくれた。 私もまだ情報…

中山牝馬S2018穴馬を見極める

ぱっとみ横並びイメージで極端な穴馬から入るより、そこそこ人気していない馬がデータ傾向からも単系のうまみがある様子。 ここはデータが揃っている金脈馬ワンブレスアウェイの1着激走まで期待したい。エージェント推奨のクラブ馬で高い評価を得ていたのも…

ワクワクしなきゃ人生じゃない

今の状態がどうであれワクワク感のある人生を送りたいと考えてきました。 お金持ちになったことがないので上級クラスの話は分かりませんが、何億という資産を持っても空しいだけで幸福感がない人もいるんだそう。 いまワクワクしたものがあれば貧乏は気にな…

コインチェックは詐欺かねずみ講か、いやギャンブルだ!

コインチェックで絶対に返金できると言って料金をだましとる手口が横行しています。いけいけどんどんと若い人から火がつき投機色にまみれた仮想通貨は詐欺師にとって格好のターゲットなのでしょう。 競馬でも予想屋から返金できると言う探偵が調査料だけ取っ…

単勝オッズ40倍台の穴馬を狙って獲るコツ

サンデーサイレンス系が確立された中央競馬は国内産が主流になりました。これは社台グループ資本の成果と言えるわけですが、実質一人勝ちの現状が続いているため社台の動向が日本競馬のレベルとリンクしています。 あの内国産血統がつながらず海外から導入さ…

一口馬主で重賞馬に出資する方法

さっそくシンザン記念でシルクホースクラブから重賞馬が誕生した。中山金杯ではセダブリランテス、フェアリーSではプリモシーンとシルクウィークとなった。 どうしたら、このような能力が高い馬を選び出して出資できるのだろうか? カンタンな話エージェン…

みんなの投資競馬で10年連続プラス収支を達成できた理由

公開予想の買い目を含め2017年もプラス収支で終わることができました。 本年は雨の影響や混戦レースが増えたことで近年で最も難解な年だったと思います。G1レースでは人気所が走っているもののデータの裏付けは希薄というケースが多かった。 これは好走する…

見逃してた穴馬を掘り当てるゴールドマイニング法

いま競馬のデータマイニングと言えばJRA-VAN NEXTにある対戦型DMぐらいしかありません。的中率は20~30%程度で回収率はプラスにはならない代物。 そこで独自開発しようと競馬におけるデータマイニング法を研究し9年と3000万円をかけて出来たのがゴールドマ…

混戦レースは投資対象として魅力的か

芝もダートも条件が変わるたびに勝ったり負けたりを繰り返す結果が多い。こうなると手広く券種を買わざるを得ないので必然的に投資額が増えてくる。最近は売り上げが上がっているが、こういった混戦レースの産物ということがあるかもしれない。あまりに混戦…

一番強い馬が勝つとは限らない

中央競馬の1番人気は勝率33%程度であり約7割は負けていることになる。 競馬ファンに1番強い馬と見られた馬が3回に1回しか勝つことがないわけだ。 本当に強い馬だけを買うことができれば的中率・回収率とも安定するのではないだろうか。 そこで注目した…

天皇賞秋2017の回顧

滅多にない不良馬場で行われた2017年の天皇賞秋は結果的に実力馬が直線で凌ぎを削るレースとなり見応えのあるレースだった。 宝塚記念で惨敗したキタサンブラックは終わった説もでた中での復活となり強さを再確認した勝利。これだけG1レースをいくつも勝っ…

天皇賞秋の穴馬を探す方法

2017年の天皇賞秋はキタサンブラックで決まりなのか?宝塚記念で人気を裏切る形になった大本命馬が天皇賞秋ぶっつけというローテーションを選んだ。これは有馬記念まで走るぞという意思表示だろう。そして、年内引退が決まっていることからも最後は華々しく…

2017年の天皇賞秋はキタサンブラックで決まりなのか?宝塚記念で人気を裏切る形になった大本命馬が天皇賞秋ぶっつけというローテーションを選んだ。これは有馬記念まで走るぞという意思表示だろう。そして、年内引退が決まっていることからも最後は華々しく…

菊花賞2017の回顧

台風のおかげで未曾有の不良馬場で行われた菊花賞。とんでもないスタミナ勝負のレースを見て一昔前の感覚がよみがえってきた。 こういうレースになれば脚を余すということがないから納得感があるんだな。ああ間違ってたなというのが明確だから次にもつながり…

菊花賞2017穴馬の特定ポイント

どうやら2017年の菊花賞はじゃんじゃん降りそうな雨予報。しとしと降り続いた秋華賞とは違い分かりやすい馬場で行われるのはありがたい。 菊花賞は混戦にならざるを得ない事情がある。日本ダービー1着から3着まで出走しないからだ。そこに雨という要素が加…

投資競馬はライフスタイルの1つに過ぎない

競馬はギャンブルですが、推理モノのようにストーリー展開で考えることができるし、統計のようなデータで予測しようとすることもできる。 私が興味を持つのは結果に結びつく馬券の購入プロセス。色々と仮説を立てて合理的な結果を得られるかを楽しんでいる。…